2:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 12:00:31 ID:O4b7cx8H0
南詔って、最盛期には四川の成都を占領して、
インドシナ半島のかなりの部分も制圧しているんだよね。
6:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 23:16:54 ID:diUSvlkd0
こういう雲南国家の軍事力の主体は歩兵になるのかな?
遊牧民系の国家だと、当然騎馬部隊が主力だけど、
地勢が険しいところでは、騎兵は威力を発揮できないし。

南詔は唐ともかなり派手にやり合ったから、
相当な軍事力はあったはずなんだけど。
7:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/10(水) 21:55:13 ID:6QZRHWyi0
今でも少数民族のイー族とかはかなり好戦的らしいから、
そういう部族が中心になったと思う。

雲南だから、象部隊なんてのもあったかも。
22:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/13(火) 23:33:39 ID:vo18AWI10
唐とか、宋は本気で雲南を征服しようとは思わなかったのかな
23:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 12:29:04 ID:DCog3M2q0
>>22
強くて征服したくても出来なかった、という考えも出来るな。
征服するには少数だし然程裕福な土地でもないし、メリット少ない、みたいな。
実際、唐はともかく、宋ごときじゃ無理だっただろうし。
65:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/02(土) 20:51:42.86 ID:PxCFYPn+0
>>22
宋は後蜀を滅ぼした後に雲南侵攻も検討したけど、結局大理が手強いのに匙を投げ
趙匡胤が斧で地図の大渡河のところを両断して「こっから先は手を出す必要なし」と決めた。
24:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/15(木) 15:10:57 ID:BldaNEYW0
感覚的にはどうなんだろう?

中国の一部だからどうにかして領土に編入した方がいいと思うのか、
しょせんはよその国みたいな意識なのか
27:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/01(土) 00:21:17 ID:rsWtQRYd0
雲南、嶺南、遼東、河西はオマケみたいなもんだよな。
唐は雲南がなかったし宋は遼東、河西、嶺南がなかった。
明が漢の旧領を覆ったのは一時だけ。
それを考えるとやっぱ武帝はすげーと思う。
だが対匈奴戦線以外の指揮官は名前すら知らん俺
25:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/16(金) 22:04:39 ID:E4pt7Vcw0
唐より前の時代で、はっきりと中国と認識されていたのは、
四川までだろうな。
33:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/11(金) 09:01:40 ID:2M5GR5c90
楊国忠は、安禄山の軍功に対抗して、
南詔を討伐しようとするも大失敗。
34:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/13(日) 23:50:13 ID:yc4xHod70
楊国忠の時の南詔討伐戦は、戦いに負けたと言うよりは、
疫病で死者が続出したみたい。

こういう、南方へ行って疫病で死ぬってパターンが、
中国史には多いけど、
この疫病って、マラリアかな?
43:名無しさん:2008/06/05(木) 21:13:09 ID:vhlZXmdc0
>>34
>こういう、南方へ行って疫病で死ぬってパターンが、
中国史には多いけど、
この疫病って、マラリアかな?

マラリアかどうか知らんけど、もともとモンゴル人や中国人のように
寒冷地出身や乾燥地帯出身の民族は体を清潔にするとか食器や衣服を

清潔にするという概念がない民族が多い。なぜなら寒冷地や乾燥地帯
では別に清潔にしなくてもバイ菌は繁殖しないからだ。そういう民族

が熱帯地方のような不潔にするとたちまちバイ菌が繁殖するような土
地に行くと病気にかかりやすい。ましてや軍隊は戦争をしに行くので

服は着たきり寝るのは野営、しかも集団生活、たちまち病気が蔓延し
やすい・・・・・・・・・・と思う・・・・・・・たぶん
36:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/17(木) 23:56:48 ID:KgGVOBcq0
感染症より、栄養状態の悪化とか、そんなのじゃないか?
9:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 22:46:06 ID:27Qu+lRR0
中国の歴代王朝も土官や土司を置いていた地域だから、
たくさんの部族をまとめ上げるには、王の資質が要求されたんじゃないかな

ちょうど遊牧民の帝国みたいに
3:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 14:22:10 ID:YvVnMLzZ0
山岳地帯だし、今でもいろんな民族が混住している地域だから、
統治はかなり複雑だっただろうね。
地味に重要な交易路に当たっているし。
8:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/11(木) 22:38:47 ID:f4Kd8aWB0
金、銀も豊富に産出したっていうし、
メコン川、イラワジ川を利用した交易もさかんだったっていうし、
結構おいしい土地かもな(現代は別にして)
12:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/17(水) 07:32:22 ID:QQje4r400
インドやチベットへの交易路が発達していたね。
61:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 11:12:36.34 ID:vrR0NCfI0
大理あたりは南のシルクロードが通っていたらしいです
13:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/18(木) 10:41:57 ID:raHzifxd0
雲南は内陸でも塩を自給できるところが、かなりの強みだろう。
17:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/30(火) 22:55:32 ID:ODsL07ig0
雲南にイスラム教が入ってきたのっていつ頃?
大理は仏教国だし、
モンゴル人に支配されて以降?
18:名無しさん@お腹いっぱい。:2007/11/03(土) 23:54:53 ID:CV3L1OJz0
雲南省はかつてはイスラム教徒が多かったのに、
清代に虐殺されて今はほとんどいないね。
64:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/03/01(金) 02:42:38.96 ID:4WlJOmZq0
もっと気候は熱帯なのかと思ってたら高地だからそれほど
温暖でもないのか
67:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/05/21(火) 21:28:38.57 ID:GyQAZ9DX0
昆明って糞寒いじゃん・・・
昔は日本人バックパッカーの楽園だったらしいけど・・・
32:○△資格:2008/01/11(金) 01:03:33 ID:1Uac1QgK0
南詔かぁ。
三塔のすばらしさは特別ですね。

そういえば、日本でも広まっている「獅子舞」は
南詔が発祥と聞いたことがあります。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
▼こちらの記事もオススメ(外部サイト)▼
▲こちらの記事もオススメ(外部サイト)▲
引用元
【大理】雲南の歴史【南詔】
http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/chinahero/1191898629